疲れを取る方法

上の○○とは、ずばり「うつ」のことです。つまり、体の疲れが常に残っており、疲労感が全く抜けないという方の中には、肉体的疲労のみならず精神的疲労の方も多く含まれており、中にはうつ病」にまで発展するケースが最近増えてきているようなので注意が必要です。

「うつ病」の場合はどんな症状があるの?

のどを押さえた女性「うつ病」の診断は単純ではありませんので一概には言えませんが、一例を挙げるとすれば、「大切な予定を忘れたり」「考えがすぐまとまらなかったり」「集中力や注意力が極端に低下する」などの症状が特に見られるようです。このような症状に心当たりがない方は、一般的な疲労(疲れ)と考えて良いと思いますが、少しでも気になる点があるようでしたら、重症になる前に、できるだけ早めに病院で診てもらうことをおすすめします。

▲ ページのトップへ

体の疲れを取るオススメの方法とは

トレーニング体の疲れを取る方法にはいろいろありますが、まずは基本を抑えることが重要と考えます。基本というのは食事と運動、そして睡眠のことです。ごくごく当たり前すぎて、あなたの残念そうな顔が浮かんでしまいますが、基本をおろそかにして効果が出るものなんてそう簡単には存在しないのではないでしょうか。あったとしてもそれは一過性のもので根本的な解決に至らないことがほとんどと言えます。

スポーツの世界でも、基礎体力のない選手は、どんな競技をやってもある一定レベルから伸び悩みますし、晩年はスタミナも激減し怪我や故障が増える傾向にあります。健康、そして元気を維持するのもこれと同じこと。基本である食事、運動、睡眠をおろそかにしてツボ押しやサプリメントだけで健康が維持できるわけもないことは容易に想像がつくのではないでしょうか。

▲ ページのトップへ

では何から手をつければいいの・・・?

ジョギング基礎である食生活の改善や運動不足の解消、睡眠不足の解消に取り組まなければならないのは分かったけど、何をどのようにやればいいの?

そんな方にはまず運動から始めることをおすすめしています。運動は精神的疲労のもとであるストレスを和らげる効果がありますし、もし「うつ」症状が進行していれば、その症状を和らげる「抗うつ作用」「意欲改善作用」が働き、うつの予防につながることが確認されているので、重症化を防ぐ意味でも運動から始めるのが良いように感じます。

また、運動は適度な疲労(ここでは苦痛な疲労ではなく心地よい疲れのこと)をもたらすので、質の良い睡眠にもつながり、心地よい朝を迎え、一日のストレスを軽減させるという好循環を生み出す可能性を引き出します。

運動といっても、サッカーやバスケットボールなど激しい競技をしなければならないという訳ではありません。自分ができる範囲でよいので、ストレッチをしたり、1日10〜15分のウォーキングなど、少し汗をかく程度の有酸素運動から始めるよう心がけてください。ここで重要なのは、3日坊主であきらめるのではなく、時間が短くてもできるだけ毎日、長い期間やり続けるということです。ちなみに自転車も有酸素運動のひとつですから、通勤や通学の時間に取り入れることができればまさに一石二鳥ですね。

運動の次には何をすれば・・・?

枕運動の次に心がけたいのは、睡眠不足の解消です。睡眠不足というのは単に睡眠時間を確保するということだけではなく、睡眠の質を向上させるという点にも注目しなければなりません。

仮に4時間しか寝ていなくてもスッキリ目覚める方もいれば、8時間寝ても眠気が収まらない方もいます。それは睡眠時間の長さ問題ではなく睡眠の質の問題なのです。要するにどれだけ深く寝入ることができたかということが熟眠度(睡眠の質の高さ)を測る上で重要なポイントとなります。

ではこの熟眠度を高めるにはどうすれば良いでしょうか。それには、まずは深い眠りを得るための準備から始めなければなりません。準備は寝る前だけではなく朝から行います。驚かれたかもしれませんが、実は朝にどのような目覚め方をするかによって夜の睡眠の質が決まると言っても過言ではないのです。

▲ ページのトップへ

朝から何をするの?

太陽あまり難しく考える必要はないのですが、毎朝、必ず太陽の光を浴びることが夜の睡眠の質を高めることにとても効果的とされています。なぜなら朝(午前中)に浴びる光には熟眠には欠かせない睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌を促す効果があるからです。ちなみに私たちの体には、光を浴びた時間に体内時計がリセットされ、その時間から12時間後にメラトニン分泌を開始するようにプログラムされているというから驚きます。

ここでのポイントは単に太陽の光を浴びるだけでなく朝の目覚めを意識し、脳を覚醒させること。つまり、目も脳も完全に目覚める状態(覚醒)にもっていくことが夜の熟眠度を高めるために重要なのです。そのためには朝PCでのメールチェックや高温シャワー、ストレッチ等の軽めの運動といったことも覚醒には非常に効果的とされています。

▲ ページのトップへ

寝る3時間前から睡眠の準備に

リラックスしている親子睡眠の質を高めるには寝る3時間前には食事を終え、心身ともにリラックスしていることが理想です。夕食を食べ終えてすぐ寝る人がいますが、きちんと消化しきれず逆流性食道炎になる可能性もあるので注意が必要です。ちなみに、就寝前のお酒も適量を超えると浅い不安定な睡眠を引き起こす原因となるため気をつけなければなりません。

ここで重要なのは寝る前に「いかにリラックスするか」ということです。寝る直前までパソコンで仕事をしたり、必要以上に明るい室内照明のもとでテレビを見たり、高温での入浴などはリラックスどころか交感神経を刺激し、脳を覚醒させますので、熟眠のためには避けなければなりません。お風呂は38〜40度程度のぬるま湯が最適です。しっかり温まれば、入浴後1時間程度はリラックスする時間を設け、再び体温が下がりはじめた頃の眠気をとらえて布団に入るのがベストです。夜は楽しいテレビもあるので、なかなかこのとおりにはいかないかもしれませんが、録画して朝に楽しむなどして、睡眠のリズムがつくられるまでは少しの我慢が必要かもしれません。

▲ ページのトップへ

食生活の改善で疲れを取る!

栄養バランスの良い料理これまで運動面と睡眠面の改善法についてご紹介してきましたが、もちろん食生活が改善されなければ意味がありません。体が疲れてくるとスタミナがつくお肉やニンニクなどを多く摂って終わりになるケースが多いようですが、一時的にスタミナ食を食べたところで、毎日のストレスに打ち勝つだけの体はつくれません。当然ではありますが、栄養のバランスを考えた、バラエティ豊かな食事が重要となります。ちなみに疲れにくい体をつくる栄養素としてはビタミンB1などのB群葉酸タウリンといったものがあります。

とはいえ、毎日のことで完璧な料理を継続して作るというのはなかなか骨の折れる仕事です。そんな時は、疲れを取るために開発されたサプリメントを取り入れてるのも賢いやり方です。あなたもそうだと思いますが、疲れがたまる方の多くは多忙でリラックスする時間さえ取れないのが現状です。そんな時、運動や睡眠を何かに置き換えたり、さぼったりすることは不可能ですが、食事だけは、基本的な栄養さえ摂っていれば、サプリメントなどの栄養補助食品である程度不足分を補うことは可能です。無理に食事をつくろうと思うがためにストレスをかかえては逆効果となりますので、せめて生活のリズムが整うまでの間はサプリなどをうまく使いこなすほうが賢明でしょう。

疲れを取るサプリメントにはどんなものがある?

2つのニンニク疲れを取るサプリには黒酢タウリンなどを主成分としたものなどが多いようですが、中でもよく売れているのが「にんにく卵黄」という種類のサプリメントです。その名からもイメージできるように「にんにく」と「卵黄」がドッキングしたスタミナ満点のサプリで、にんにく独特の臭いがないものが人気を集めています。

中でも最近話題になっているのが、サンプロジェクト社が販売している「伝承にんにく卵黄」というサプリです。伝承にんにく卵黄は、明治幕末の薩摩藩士が遠征の際に実際に持ち歩いたとされるにんにく卵黄の伝統製法によりつくられたもので、九州産の「嘉定種にんにく」と鹿児島県産の自然養鶏たまごを使い、一切機械に頼ることなく、手作業でひとつひとつ丁寧につくり上げていくところに注目が集まっているようです。ちょうど今ならキャンペーン中で携帯用ケースがもらえるようですし、全額返金保証もついているので安心して購入できるようです。

詳しくは「伝承にんにく卵黄」の公式ホームページでご確認ください。
(このサプリを実際に飲んだ方の声や製造工程などが見れます。)

最終的にはサプリに頼らないで済む生活を手に入れることが大切なわけですが、それにはまず、疲れを溜め込まない強靭な体を手に入れるための準備が必要です。そのためには時間がかかるかもしれませんが、生活に運動を取り入れ、睡眠の質を上げるという地道な努力が必要となります。いずれにしても無理をしてストレスをかかえては意味がありませんので、負荷のかからないことから始めてマイペースで継続するというのが、最も体に優しく疲れが残らない方法のように感じます。

ということで長くなりましたが、当サイトにお越しいただきありがとうございました。あなたの疲労回復に少しでもお役に立てればうれしく思います。

HOME | 体の疲れを取る方法 | 体の疲れの原因は? | 体の疲れを取る食べ物 | 体の疲れが取れない時どうしたらいい? | 体の疲れ、心の疲れのケアの仕方 | 体の疲労がたまったと感じたら | 体の疲れを取る睡眠法 | 体の疲れを取るには | 体の疲れを取るストレッチ法 | 体の疲れを取るツボ | 疲れが取れない原因 |

ページのトップへ | リンク集 | プライバシーポリシー | リンクについて | サイトマップ | お問い合わせ |

Copyright (C) 体の疲れを取る方法 All Rights Reserved.